資料請求・お問合せはこちらから

performance

住宅性能
素朴に、美しく。

家計にやさしい家づくり家計にやさしい家づくり

お客様の想いをカタチに
燃費半分のいえ 小エネ高断熱住宅
燃費半分のいえ

小エネ高断熱住宅

家は心から「ほっ」とするための場所です。
住宅に断熱や遮熱の工夫をするだけで一年中気持ちよく過ごすことができます。
家全体を快適に、さらに今までの冷暖房費の半分以下ですむ
「小エネ高断熱住宅」を造りましょう。

小エネ高断熱住宅3つのポイント

「小エネ高断熱住宅」とは家全体が夏は涼しく、冬はあたたかい。さらにこれまでの暖冷房費の半分以下で快適に生活できる住宅です。そのためには、断熱材の厚さや窓の仕様などの住宅性能を高めることにより、住む人はもちろん、家の構造体も健康で快適であることが「小エネ高断熱住宅」であると考えています。

家中あったか断熱

暑さ寒さも寄せ付けない高性能断熱材だから少ない
エネルギーでも家全体があったか。

暖かい家の断熱構造

住宅の断熱を高めることによって、少ないエネルギーで家中をあたため、快適な空間にすることができます。

「燃費半分のいえ」のヒミツをもっと知りたい!

壁断熱材
壁断熱材
<高性能グラスウール>
100mm + 100mmの付加断熱が価値を生む
200㎜グラスウールの 「W断熱」

省エネ基準レベルの断熱性能に加えて、暖冷房設備の省エネを実現するグラスウールの「付加断熱」で、経済、健康の両面から、安心できる空間づくりをご提案します。

窓断熱材
窓断熱材

窓から外に逃げる熱は、屋根や外壁に比べると大きな割合をしめます。住宅の断熱性を高めるには窓断熱は重要なポイントです。

商品ラインアップ
とっても経済的小エネ

これまでの冷暖房費の半分以下でとっても経済的!
家中あったか快適な室内環境を実現します。

高断熱住宅は熱損失の極めて少ない家なので、もともと暖かく小さな暖房設備で家中を暖める事ができ、設定温度をそれほど上げずに済むので光熱費を抑えることができます。高断熱住宅は僅かなエネルギーでこれまでとは比べものにならない快適な室内環境を作り出すのです。

\家計にも環境にもやさしい/ 燃費は従来の住宅の約半分
燃費半分のいえ福島県会津若松市H様邸の暖冷房データ
福島県会津若松市H様邸の暖冷房データ
年間の温熱性能(エネルギー量)の比較
年間の温熱性能(エネルギー量)の比較
年間の冷暖房費
住む人に優しい健康

家族の健康を守る高断熱住宅で住むひとにやさしい
快適な空間を実現します。

1.ヒートショックから身を守る

冬を暖かく過ごして健康を維持

ヒートショックとは急激な温度変化が体に及ぼす影響のことです。
室温の変化によって、血圧が急激に上昇したり下降したり脈拍が早くなったりする状態のことをいいます。家中の温度差が小さい高断熱住宅は、快適なだけでなく体にも負担をかけません。

冬を暖かく過ごして健康を維持
2.適度な湿度を保ち病気のリスクを軽減

ウィルスやアレルゲンの少ない室内環境へ

高断熱住宅では、通常の住宅よりも気密性が高く温度変化が少ないので、室内の湿度を一定に保ちやすくなります。逆に湿度が高すぎる住まいは、結露が発生し、カビやダニが繁殖しやすくなり、アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー症状を引き起こす原因にもなります。湿度を適切に保つことで、空気をきれいに保ち、家族の健康を守ることにつながります。

3.静かさを保ってぐっすり睡眠

優れた遮音性・吸音性で心地よい住まい

吸音性が高い断熱材を使用し気密性の高い構造である高断熱高気密住宅では、外部からの音を一定レベル以下に抑えることができます。

小エネ高断熱住宅家づくりのコラム
燃費半分のいえ

小エネ高断熱住宅家づくりのコラム

冬の住宅では、天気の良い日には南側の窓辺の陽だまりはぽかぽかと暖かいものです。これは、窓ガラスを通って入ってきた、日射が人に当たって熱になるからです。人以外の場所でも同様に熱となります。このほか、蛍光灯やテレビなど住宅内で使った電力も全て熱になります。これらを内部取得熱とよびますが、室内から外に逃げる熱を補ってくれているのです。これだけでは逃げる熱よりかなり少ないので、その残りを暖房機で暖めることによって、室内の温度が快適に保つことができます。したがって、冬の暖房エネルギーは熱損失から内部取得熱を引いた残りになります。断熱を厚くしたとき、熱損失は減りますが、内部熱損失はかわりませんから、熱損失を半分まで減らさなくても暖房エネルギーを半分にすることは可能です。
ところが、夏の住宅では、エアコンで住宅内を冷やしているとき、床、壁、天井などから入ってくる熱に内部取得熱を加えた熱量だけ冷やす必要が生じてきます。断熱を厚くすると、床壁天井から入ってくる熱を減らすことはできますが、内部取得熱は変わりませんから、エアコンの冷房エネルギーを半分にしようとすると、床壁天井からの流入熱を半分にしてもできないことになります。したがって、内部取得熱のうち、建築的に減らすことが可能な窓から入ってくる太陽熱を、日除けなどを工夫することによって減らすことが重要になるわけです。一般に冬は毎日が外が寒く窓を開けても快適な日はほとんどありませんが、夏は、外が暑くて、窓を開けっ放しに出来ないような日は冬に比べて少なく、一日の中でも窓を開ければ涼しい時間が多いので、関西から九州などでも暖房エネルギーより冷房エネルギーの方が少なくなります。いずれにしてもほとんど窓を閉め切っている冬と違って、窓を開けて通風をよくしたり、窓から日射しが入ってこないようにする手法が大事ということになります。厚い断熱は、窓を閉め切ったときに外から入ってくる熱を少なくする効果があるのです。(鎌田紀彦)

自然の風、太陽熱や地中熱などを利用しながら、暖かく快適な住宅を一年中実現してエコな住宅であることをうたういろいろな「○○工法住宅」があふれていますが、そのうたい文句にふさわしい快適性と省エネ製を備えているかは大いに疑問です。日本の住宅は、窓から入る日射をとても重要視しますから、普通の住宅では、冬の寒い環境かで壁や屋根に当たる熱で暖かい空気を作り出すより、はるかに多くの熱が窓からはいってきます。日当りの悪い住宅では、結局外壁にも日が当たらなくなりますから同じことになります。日当りが悪くても、たいてい屋根には日が当たりますからそこにコレクターをつけている装置などのアイデアはとても優れていると思いますが、しかし、この熱を有効に利用しようとするなら、もっと住宅の熱損失を小さくすることが必要になります。住宅の熱損失を小さくするためには、結構お金がかかります。こうした住宅は、仕掛けにかなりお金を使っていますから、両方を実現しようとすると、高い住宅になるわけです。さらに、フランチャイズなどで間接的な経費が上乗せさせられるわけです。外壁や屋根面に当たる太陽熱を室内に取り込むために、断熱層に穴を開ける仕掛けをすると、断熱材の厚さを変えることができなくなり、熱損失を小さくすることもできにくくなります。わずかな太陽熱を利用する仕掛けより、床・壁・天井の断熱を厚くして、窓、換気の熱損失を小さくすることの方が、はるかに高い省エネ性をもたらします。そして、このような住宅では、室内の床壁天井の表面温度も高くなりますから、太陽の照らない夜でも快適性が向上します。(鎌田紀彦)

高断熱住宅の建設が始まった頃、北海道では住宅全体を暖房して快適な空間を作ることに対して、いろいろな異論が出てきました。「そのような、ぬくぬくとした環境で生活していたら、弱い体になてしまう」とか「そのような環境から、外の厳しい寒さに出ると、風邪を引きやすくなる」等、医者と称する人を含むいろいろな人達が、住宅内環境のあり方についての主張を展開してきました。その根底には「そんなぜいたくをしていいのか」という気持ちがあったのだと思います。
私たちは、あまり取り合いもしませんでした。全室暖房をしても灯油消費量はむしろそれまでよりは少なくなることが分かっていましたから、やがてそのような主張をする人はほとんどいなくなりました。今では、健康で長生きできると考えられています。実際、温度の低いトイレや、洗面所、脱衣室、浴室などで脳や心臓の発作え倒れる人が一般の住宅では多かったのですが、高断熱住宅ではそれがとてもすくなくなることが実証されています。
高断熱住宅が、南の温暖な地域にも建設されるようになりましたが、北海道のときと同じことをいう人達もいるようです。冬の寒さはそれ程ではないから、そんな住宅は必要ないという人達もいます。その人達の冬の生活は、コタツで丸くなって動かない生活なのです。
また、冬より夏が問題だともよくいわれます。これは私たちも同感です。関東以西の新築住宅は5〜6台のエアコンを各室に設置し、エアコンに頼り切った生活を送っています。エアコンは嫌いで、薄着をして熱いのをひたすら我慢している人達もいます。高断熱住宅は、夏も威力を発揮します。日除けをしっかりして窓からの太陽熱を防ぎ、住宅にこもる熱を通風でうまく排熱するように家を造り、エアコンを上手に使えば、省エネで快適な夏を送れることもわかってきました。(鎌田紀彦)