わかってもらえるさ。

突然ですが、いろいろなすれ違いが起こることもありますね。

 

わかってもらえることが一番難しいですね。

 

みな、正しいと思ってやっているんですけどね、ボタンの掛け違いが元に戻らないことがあったりしてね。

 

自分のことなら、誤ったり、話をしたりしてね、なんとかできることもあるんだけど・・・。

 

お互い正しいんだろうから仕方ないね。

 

七つの習慣の中に、第五の習慣て言うのがあってね、それは、「理解してから理解される。」ってことなんだけどね。

 

つまり、自分を理解してほしければ、相手を理解することのほうが先だということなんですよ。

 

相手を理解すれば、おのずと自分のことも理解してもらえるわけですね。

 

家づくりでもそうですね、お客様のことを理解することから始めないと、我々が提案することも伝わらないですよ。

 

忌野清志郎の歌に、「わかってもらえるさ。」って歌があっていいんだよね。

 

「この歌の良さが いつかきっと君にも わかってもらえるさ いつか そんな日になる 僕ら何もまちがってない もうすぐなんだ 気の合う友達って たくさんいるのさ 今は気づかないだけ 街ですれ違っただけでわかるようになるよ。」

 

そんな感じなんですよね。

 

「街ですれ違っただけで わかるようになるよ。」ですよ。(^^)

 

これから、いろいろな出会いが待っていますからね。

 

明日を信じて前に進まないとです。

 

今日も、ステキな出会いがありましたよ。

 

きっと楽しい家づくりができると思います。

 

それは、また明日お会いしましょう。

 

忌野清志郎  わかってもらえるさ

www.youtube.com/watch?v=0RyLPRc32tI